台湾風俗体験記 005 脱ぐ台湾式クラブで濃密な体験 

mode_edit2016.09.02

台湾風俗のナマナマしい体験談をご紹介!今回は脱ぎありヌキありの台湾式クラブ!

 

↓↓↓

 

観光でいろいろ名所を回った後、一緒に行っていた友人5人と飲みに行くことに。いつもは日式スナックで飲んでたけど、今回は友達が行ってみたいということで、女の子が脱ぐ台湾式クラブにはじめて行くことにしました。

 

指定された住所に着くと、ボーイがピックアップし、エレベーターに連れられて店舗のあるフロアに。エレベーターの扉が開くと大きく開けた受付があり、とっても豪華。たくさんのボーイが行き来していて、繁盛している様子です。しばらくすると先ほどのボーイが来て個室に連れて行きます。個室内にはカラオケとかもあって高級感のある感じ。ちょっと待っているとボーイが10人くらいの女の子を連れてきます。1人につき1人の女の子を指名します。2人くらい良さげな女の子はいましたが、他のも見たかったので、2組目を連れてきてもらうことに。そのなかに身長が160cmないくらいの小柄な女の子がいたので、その子を指名することに。ちょっとぽっちゃりしているけど、決して太っているわけではなく、目がくりっとしていて、笑うと出てくるえくぼがかわいい子。指名されるとすぐ俺の横に来て、手を触って

 

My name is MIMI.   your name?

 

と聞いてきます。その後二人で乾杯し、英語で簡単な雑談タイム。日本行ったことある?何が好き?とか。そんな話をしていると急に照明が暗くなり、アップテンポなBGMが大ボリュームで流れてきてお店はまるでクラブのノリに。女の子たちはみんな脱いでパンツ一枚になり、俺の太ももに乗って踊り始めます。身体を上下にゆすってくるから、女の子の下腹部がチンコに当たって擦れるからどんどん硬くなってきます。

 

MIMIちゃんが踊っていようがかまわず抱きかかえ乳首を舐めると、小さく喘ぎ出し、乳首はすぐに硬くなりだします。キスしながら舌をいれても抵抗ない様子だったので、ぐっちょり舌を絡ませあいます。お尻もずっと揺らしたままでプルプルッとした肉感がたまりません。

 

だいたい10~15分経ったくらいでしょうか、音楽が鳴り止み、また部屋が明るくなり始めます。女の子たちも自分の席に戻り出しました、もちろん服を着ずに。そこからはずっとMIMIちゃんとイチャイチャモード。また俺の太ももの上に乗って、小声でイチャイチャと会話をします。彼女のおっぱいはめちゃくちゃ柔らかくて、ずっと触っていたい気分。MIMIちゃんは俺のチンコをずっと揉んでいます。

 

そんな風に過ごしているとまた音楽が流れ出し、暗くなります。今度はさっきよりも暗く、周りの友達の姿もどこかわかりません。そして女の子に立つ様に言われ、言われた通りに立っているとゆっくり俺の服を脱がし始めます。すっぽんぽんになると、手コキタイム。俺は両手でMIMIちゃんのおっぱいをもみしだき、肩にキスをしながら彼女に身を任せます。

 

MIMIちゃんは緩急つけた馴れた手つきでシゴいてくるので、あっという間にドピュッと彼女の両手にぶちまけました。イッたあとにはやさしくティッシュで拭いてくれ、戻ってから一緒にまた一杯飲んでお店を後にしました。

 

↑↑↑

 

こんな台湾式クラブで気の知れた友達とスカッとするのもいいのでは?

 

日本と台湾 風俗カルチャーの違い 0... 脱ぐのと脱がないの、オススメはどちら...

expand_less