台湾風俗体験記012 マッサージでMAYちゃんとのイカセあい

mode_edit2016.09.21

台湾風俗でのナマナマしい体験談をここでご紹介!今回は台湾在住の人の体験談を。

 

↓↓↓

 

台湾に住み始めて早数年、こっちでの生活にも大分慣れました。中国語も日常会話程度ならなんとか話せるレベルになり、不自由なく暮らしています。最近は午前に会議、午後にお客様のところに訪問、夜にはジムとかなり充実した生活。金曜も朝からみなで会議、私も積極的に話し合いに参加したけど、心ここにあらず。笑

 

今日は午後からはお客様訪問がなかったので、マッサージでも行って頑張った自分にご褒美をあげよう、そう思い、昼食後にLINEで連絡を取ることに。やりとりをしていると、新館はまだオープンして一ヶ月しか経っていなく、まだ常連客しかお店に入っていないからオススメだと紹介され、そこのお店に行くことに。14:30に予約したのに、10分近く前に約束場所に到着しちゃいましたが、LINEでそのことを言うと、スタッフがすぐに迎えに来てくれました。

スタッフは女性でそれなりに美人。彼女は私を連れてお店に行き、大きくて頑丈な扉を開け、その後さらに奥にある扉を開けて入っていきます。二つも扉があるので、中はかなり安全ということなんでしょう。中には30近くのたくさんの部屋があり、その中の1つに入って2~3分待つように言われます。そしてスタッフが6人の女の子を連れて入ってきます。その中から左から二番目の女の子をチョイス、165cmくらいで、色白で切れ長の目をしたかわいい子で、おっぱいも大きくてそれでいて太っていない子、即決でした。

彼女が準備している間に先にシャワーに入り、出てくると彼女から声をかけてきます。(中国語で)

 

MAY:ニイハオ、MAYです。

 

私:こんにちは、~っていいます。いくつ?

 

MAY:20歳だよ。あなたは?

 

私:28歳

 

MAY:そうなんだ、全然見えないね~。23歳くらいかと思った。じゃあ、横になって、マッサージ始めるから。

 

紙でできたマッサージ用パンツを履いて、うつぶせ状態になると、頭をマッサージしてきます。頭のツボをゆっくりと押してきて、とっても気持ちいい。このときに、MAYちゃんはおっぱいを後頭部にあててきます。マッサージよりもこっちの方が気持ちいい。笑

そして、ゆっくりと背中や腰、お尻、脚とマッサージしてきて、その後仰向けになると、MAYちゃんはいつの間にか、上を脱いでいました。

 

私:え?いつのまに上脱いでたの?

 

MAY:背中マッサージしているときに、、ちょっと熱くて。(照)

 

MAYちゃんのおっぱいはしずく型で痩せすぎていなく、ちょうどいい肉つき。今度は向かい合う形で頭をマッサージしてくれます。今回は目の前に推定Dはあるおっぱいがゆっさゆっさ揺れています。堪えきれず舌を伸ばして舐めると

 

MAY:くすぐったい、エッチ~。

 

私:エッチじゃない人はここに来ないよ。笑

 

 

その後おなか、太ももとマッサージするときに、ずっとタマを丁寧に揉んでくれます。もう私のムスコは紙のパンツを突き抜けてしまいそうなくらいパンパンに。マッサージが終わったら、明かりをさらに暗くし、紙パンツを脱がしてから、体中のオイルを優しくふき取ってくれます。オイルを拭き終わったら、今度は耳から優しくキスしてきます。そして、首、乳首と次々にキスしてきます。このとき、手ではタマあたりをずっと揉みもみしてきます。そして耳元に吐息を吹きかけ、「気持ち良い?」と問いかけてきます。もうこっちもはち切れそうなくらいパンパンになっちゃいます。

 

私の手も彼女の胸や腰、お尻を触っていきます。彼女の肌はほんとうにツルッツル。それでいて、ジャスミンの香水もほんのり香ってきて、リラックスさせられます。そして寝ている状態から起き上がり、抱きかかえます。彼女は一切抵抗なかったので、その後全身を触り、MAYちゃんの口にキスをします。MAYちゃんは最初何が起きたのかわからず、ただ驚いていましたが、拒絶するそぶりが無かったので、ゆっくりと舌を入れてみると、向こうも絡めてきます。舌を絡めあう中、彼女の手は下半身に伸び、ゆっくりと手コキをはじめてきます。私も手を彼女の下半身に伸ばし、ゆっくりと指を彼女の割れ目の中に入れていきます。基本、マッサージ店や台湾式クラブだとディープキスや手マンはNGなんですが、女の子が拒まなければ大丈夫で、常連さんにはやらしてくれたりします。ただ1回目でOKだったので、運が良い方でした。

 

互いに舌を絡めあいながら、イかせあいます。MAYちゃんはだんだん速く手を上下させるので、こちらも負けじと指を速く動かします。指を速く動かす度に、彼女も喘ぎ声も大きくなります。

堪え切れず、彼女のおなかにぶちまけ、ともに息が荒いまま口づけをした後

 

MAY:気持ちよかった?

 

私:とっても気持ちよかった。今度また指名するから、次はもっと気持ちよくさせてよ~

 

MAY:も~、エッチ。いつも私を指名したらもっとサービスするよ。

 

私:わかった、また会いに来るよ。

 

そんな会話をしてMAYちゃんは部屋を整理し、先にシャワーを浴びて部屋を出て行きました。その後、私もシャワーに入り、個室を出ると、さっきのスタッフに会い、

 

スタッフ:ここのサービスはどうでしたか?

 

私:とってもよかった。

 

スタッフ:それならよかった。いつでも来てくださいね。

 

私:ありがとう。じゃあ、会社に戻るよ。

 

そういってほんのりジャスミンの香を漂わせながら会社に戻ると、

 

上司:おい、明日の会議の準備もうできてるのか?

 

私:え、明日??? 土曜日なのに会議??

 

上司:は?何言ってんだ、明日は金曜だぞ。金曜は各部門がみんな集まって会議する決まりじゃないか。

 

私:え、、、、、、、げ!?今日金曜じゃない!!先週出張行って曜日感覚狂ってた。今日残業しないと。。。

 

結局残業しても終わらず、翌日朝まで準備してやっと資料は完成し、3時間に渡る会議もなんとか無事に乗り切ることができました。

 

↑↑↑

 

マッサージでは基本ヌキまで。それ以上どこまでできるかは女の子との相性次第です。

もし女の子が嫌がったら、それ以上はやめましょう。

 

こんな体験あなたもできるかもしれませんよ!

 

台湾風俗体験記011  壮絶手コキテ... Q&A コーナー①(マッサージ編)

expand_less