台湾風俗体験記 009 エロい台湾美人とホテルで×××

mode_edit2016.09.08

台湾風俗でのナマナマしい体験談をご紹介!!

 

↓↓↓

 

前もって予約をし、1人でご飯を食べた後、しばしホテルの部屋で嬢を待つことに。ウトウトと寝落ちしそうになっていると、ノックの音が聞こえ、ドアを開けると外にはビビアンみたいな美人の嬢が。「你好」と笑顔で手を振ってフレンドリーな感じです。身体を見てみると、黒いショートパンツを履いていて、おっぱいは大きく、お尻もプリッとしています。中に入ってもらうと、嬢はすぐに服を脱ぎだし、仲良くシャワーに。

 

シャワーから上がると嬢が股間を弄びエロく誘惑してきます。もちろんこちらも応戦。嬢の胸を揉んでいきます。肌がとっても白くてスベスベで、Dはあるおっぱいは柔らかくて、揉み応えがあります。乳首あたりを触り出すと、

 

「アアァァ、アアアァァ」

 

と鳴きだします。おっぱいを揉む手と反対の手でアソコに触れてみると、もうビチョビチョ。感度がとっても良いのか、さっきよりも喘ぎ声が大きくなります。そして俺の股間をまさぐってきます。嬢がしごきだし、ビンビンに固くなったところで自らゴムを取り出し、そのまま騎乗位の状態で入れてきます。

 

入った感覚はキツくて暖かく、その状態から腰を上下に揺らし始めていきますが、まだ満足していないらしく、今度は両手でおっぱいを揉みしだくと、

「アン、アァン、」「ウンウン」と首を上下に動かし、とっても喜んでいる様子。体位を変え、正常位から彼女の両足を肩に乗せた状態でガンガン腰を動かしていくと、もっと気持ちよさそうにしています。

 

その後バックで挿入すると、もっと奥深くに入るので、あまりの気持ちよさにピストンもどんどん激しくなります。堪えらきれずそのままナカで発射!

 

↑↑↑

 

台湾で素敵なナイトライフを過ごしてみては?

 

台湾風俗体験記 008 エロテク満載... 台湾風俗体験記 010 台湾式クラブ...

expand_less